月曜日2015年7月6日

ホーム » バリはイベント学術»は予告:CAMPUS PRESS培養思考を育てます

2011年3月13日
成長している学術使者キャンパスPRESS文化THOUGHT
09:00 pmの壁新聞コンクール決勝
16:00 PMにディスカッション
Bentara·ブダヤバリ
JLN。 教授IBマントラ88A、バイパスKetewel
バリ島デンパサール
TEL。 :0361 294029、0361 294488
Eメール:bbb@bentarabudaya.com

多くの国で歴史の過程で、学生は常に、変化のパイオニアとして現れる社会における不公平重要でした。 改革を開始し、例えば、彼らはデモはどこにでも横行していた、街頭に。 勢いの理想主義、戦いに変身インターキャンパス、さらにantarfakultasを失うように見えた。しかし、最近、「アクション」。 地獄何が起こりましたか? また、学生が唯一のデモを通じ、「必須」、その願望を伝える中であるかどうか? なぜソーHOK GIE、アフマドWahib、またはメディアの書き込み論争を通じてアジャイルとクリア知られている他の名称、のような簡潔な再び若い数字は、インテリジェント表示されないのですか? それはますます書か文化と学生の知性を退色される兆候はありますか?

対話の中で議論される質問「満期までの文化財学生押しの育成と思う」は、ウダヤナ大学アカデミック学生押しで開催されました。 2つのスピーカーを搭載し、IGプトゥアーサ(会員KPU-センター)とアントンMuhajir(オンライン各種印刷とのフリーランスライター)は、この対話は、大きな臨界電力キャンパスコミュニティの開発にプレスの役割について議論しました。 この活動は、2011年にバリでジャーナリズムワークショップの一連のバリジャーナリズムトレーニング、トレーニングブログ、写真コンテスト、ならびにその最終ラウンドを開催しましたバリ島のウォール学生新聞コンテストの周りにスケジュールされた2011年2月の初めから開催され、年間の伝統キャンパスアカデミックプレス、ありますBentara·ブダヤバリ。

ウダヤナ大学、IGプトゥアーサ(41)でコースを取る時のキャンパスプレスアカデミカにおいて活性であることが知られており、多くの場合、エッセイやジャーナリズムの記事、ならびに学生団体でスパイシーを書き込みます。 今より多くのフリーランスのローカルメディアと国家としてだけでなく、バ​​リでバリのBloggerコミュニティSERTスロカ研究所を管理している同じ学生活動ユニットの一方アントンMuhajirも卒業生。

  • Digg
  • del.icio.us
  • Facebook
  • Google Bookmarks
  • MySpace
  • Twitter

また読みます

返信を残します

会社案内 | お問い合わせ
©2011 バリ島のジャーナル ·登録: 投稿の コメント